日本語教師になるための学校探し|語学を学べるところは沢山

紳士

言葉を教える

婦人

近年、日本に興味を持つ外国人が増えてきています。日本を訪れる外国人も増えているので、そういった人々が上手に日本語を習得できる手伝いができる人材が必要で、それが日本語教師なのです。興味を持つきっかけは人それぞれ違います。日本の文化に興味を持つ人もいますし、日本の発達した家電製品やアニメや音楽などから興味を持つ人もいます。単に日本に旅行をするためだけに訪れる人は日本語を勉強する必要はありませんが、大学に通ったり日本で働いたり社会と関わるためにはそれなりの日本語を習得する必要があるのです。そのために日本語学校に通う外国人が存在し、その人々に教える日本人教師が必要になっています。学校などで日本に興味をもってくれた人たちのために働くことができるので、日本語教師の資格を取得することはやりがいのある仕事だといえます。

教師になるには学校に通い資格の取得が必要となりますが、日本語教師をして仕事をする場合は、特別な国家試験などはありません。日本語教師の国家試験自体が存在していないため資格も必要ではありません。条件を満たしていれば誰でも日本語教師になって、日本語を教えることができるのです。やはり日本語教師になるにしても正しい言葉を教えないといけないのでそれなりの知識は必要となります。日本語教師の国家試験はありませんが、日本語教師有資格というものが必要になります。日本語教師有資格には3つあります。1つめは日本語教育科目を大学で履修し卒業していることです。2つめは日本語教育能力検定試験に合格していることです。3つめは日本語教師養成講座で420時間以上修了していることです。この3つのうち最低1つクリアしていることが条件になります。日本語教師になるには日本語教師有資格の取得から始めましょう。